脳科学マーケティング100の心理技術 ロジャー・ドゥーリー ダイレクト出版

脳科学マーケティング100の心理技術 ロジャー・ドゥーリー ダイレクト出版

[ip5_button url=”http://directlink.jp/tracking/af/1043127/Lcij7go5/” color=”button–green” size=”button–medium” width=”80%” target=”blank” ]今すぐチェックする[/ip5_button]

 

顧客の脳を支配する本

あなたは脳腫瘍で手術しなければなりません。

手術をしないと余命は1年と告げられました。

ここで2つの病院があります。

A病院の先生
「死亡する可能性もありますが、生存率95%の手術です。」

B病院の先生
「受けた患者の20人に1人が死亡する手術です。」

あなたはどちらの手術を受けますか?



勘の鋭い人ならもうお気づきだとは思いますが、
この2つは数学的には全く同じ確率です。

しかし、これを見たほとんどの人が
B病院の方をより危険だと感じています。

これは「フレーミング効果」を応用したものです。
http://www.directbook.jp/bnm/index_af.html

こんな実験があります。

「脳科学マーケティング100の心理技術」
P.237より抜粋。
—————————————————————-

ツヴァイクは、情報の提示のされ方によって
解釈のされ方が異なること ──

すなわち「フレーミング効果」について、
時間をかけて説明している。

それ に関する驚きの例の1つが、
数字をパーセンテージで示す場合と
絶対数で示す場合の違いだ。

ツヴァイクによれば、

「10%」と「10人中1人」といった
微妙な表記の違いでも、
読む人は異なる反応を示すそうだ。

そして例としてこのような実験を挙げている。

それは精神科医に、このような患者を退院させるかと
尋ねる実験で、

「6カ月以内に暴力行為を起こす確率が20%の患者」に対し て、
退院させると答えた精神科医は79%だったが、

「100件中20件の割合で6 カ月以内に暴力行為を起こすような患者」
という表現にすると、
退院させると答えたのは59%になったという。

また別の実験では、

「罹患した人1万人中1286人が死亡する」ガンのほうが
「死亡率12.86%」のガンよりも
危険性を32%高く感じる
という結果が出 ている。

この違いは、人数で示したほうが
人としての現実味を感じさせることからくる。

「2%の確率で不運に見舞われる」と聞くと、低く感じられるが、

「100人中2人が被害に遭う」と聞くと、
脳は実在する2人の人がケガをす ることを想像してしまうのだ。

自社商品やサービスの長所を説明するときの数字は、絶対数のほうが 効果大だ。

実数には無意識に人の脳を働かせるパワーがあり、
パーセンテージ表記には人に考えさせないパワーがある。

要するに、

ポジティブなこと:実数をつかう
ネガティブなこと:パーセンテージをつかう

というルールである。
—————————————————————-

あなたのお店の数字や、ホームページや広告の数字にも
今すぐこの法則を試して見てください。

他の99個のアイデアはこちら

[ip5_button url=”http://directlink.jp/tracking/af/1043127/Lcij7go5/” color=”button–green” size=”button–medium” width=”80%” target=”blank” ]今すぐチェックする[/ip5_button]

 

購読者の口コミ・評判

[ip5_box size=”box–medium” title=”” title_size=”” width=”100%”]多くの人が反応する脳科学 Dさん

本書はマーケティングに携わる全ての人たちの必読書なのではないかと思います。

どのような状況で人の脳が反応してしまうか、様々な脳科学の実験を紹介しながら解説してあります。

大企業のマーケティング担当者というよりも、中小企業の社長や個人事業主向けかもしれません。
[/ip5_box]
[ip5_box size=”box–medium” title=”” title_size=”” width=”100%”]
かなりいい本だと思います! Yさん

脳科学的にどのようにすればお客さんに買ってもらえるのか、具体的な例がたくさん書かれていてかなりいい本だと思いました。

この本に興味がある方は買ってそんはないと思います!
[/ip5_box]
[ip5_box size=”box–medium” title=”” title_size=”” width=”100%”]
面白い本ですね~ Aさん

・マクドナルドには独特な食欲をそそる匂いがあり、それが一つの価値となっている。
・高価だと認識されていて、価格が適正だと思われているものは、食べた時に本当に美味しく感じてしまう。
・選択肢を無暗に増やしてしまうと、消費者の決定が難しくなり、購入してもらいにくくなる。
・スーパーマーケットでのマーケティングの場合、調理している匂いで売る…という戦術が最適。
・広告を作る時に、赤ちゃんの画像は多くの人の目を引く。

…などなど、具体的な事例が多くあり、面白い本だな~と思います。

読んでいるだけでもけっこう結構楽しめました。
[/ip5_box]
[ip5_box size=”box–medium” title=”” title_size=”” width=”100%”]
実際に使えるマーケティングの良書 Nさん

脳科学の研究に基づく効果的なマーケティング手法が100個も掲載されています。

少し行動を変えるだけで売上に変化を出すことができる手法が書いてあり、今すぐ実行できるのが嬉しいです。

実際に売上を上げている企業が活用している例もありますので、かなり説得力があります。

この脳科学マーケティングは、様々な業種で使えると思いました。
[/ip5_box]
[ip5_box size=”box–medium” title=”” title_size=”” width=”100%”]
何事も人間志向ですね Nさん

物やサービスを買ってもらうには、当然人間に対して行うものですから、やはり心理技術は不可欠ですね。

最初は、タイトルに惹かれて本書を手に取りましたが、読んでみると「なるほどね!」と、思うことが多かったです。

本書を読んで行く中で、お客様にどうアプローチをすればいいのか、いい反応を得るにはどうすればいいのかが掴めたような気がします。

ビジネスだけではなく、日常生活で人とのやりとりにも使えるのではないでしょうか?
[/ip5_box]

[ip5_button url=”http://directlink.jp/tracking/af/1043127/Lcij7go5/” color=”button–green” size=”button–medium” width=”80%” target=”blank” ]今すぐチェックする[/ip5_button]

 

価格表

商品名 脳科学マーケティング100の心理技術
著者 ロジャー・ドゥーリー
販売元 ダイレクト出版
価格 3,700円(税抜)
送料 無料
保証 90日間完全保証

[ip5_button url=”http://directlink.jp/tracking/af/1043127/Lcij7go5/” color=”button–green” size=”button–medium” width=”80%” target=”blank” ]今すぐチェックする[/ip5_button]